美容の持つパワーと可能性を感じ 活動への参加をスタート
社会貢献活動

IWAIグループでは、2004年から年1回のペースでカンボジアでのヘアカットボランティアを実施しています。

一見かけ離れたものに思える美容とボランティア。しかし、そこには確かな意義が存在します。

社会貢献活動
社会貢献活動

長く続いた内戦が1990年にようやく終焉を迎え、現在発展の途にあるカンボジア。しかし、埋まったままの地雷や様々な伝染病など未だ問題は山積みというのが現状です。社会の犠牲となっているのは子供たちで、世界最低レベルの医療事情のもと、幼児の死亡率は日本の数十倍と言われています。そんな状況の中、NPO団体「Friends Without A Border」が世界遺跡で有名なアンコールワットのあるシェムリアップに小児病院を設立。小児病院の発起人である世界的に有名な写真家・井津建郎氏と出会ったNYで活躍中の美容師:南田稔氏が、ボランティアスタッフで運営される病院の姿に感銘を受け、美容師の自分ができることをと、入院患者の子供達や病院スタッフへのヘアカットボランティアを開始しました。そして、南田氏と交流があったことでその活動を知ったIWAIグループは、共感するとともに、そこに美容の持つ底知れぬパワーと可能性を感じとり、活動への参加が始まりました。そして今なお継続しています。

また新たな取り組みとして、高い日本の美容技術を社会貢献活動に役立てたいという想いから、シュワルツコフの活動に参加し、NPO法人「国境なき子どもたち(KnK)」の協力を得てカンボジアの北西の町、バッタンバンで恵まれない青少年を対象に美容職業訓練を実施しています。「未来をつなぐ夢はさみ」-国境と人種の壁を超え、IWAI GROUPスタッフは取り組んで参ります。

ページTOPへ